薄毛予防に頭皮を柔らかくするマッサージのコツ

頭皮が硬いと血液の循環が悪くなり薄毛、細毛、抜け毛、さらに頭痛の原因になります。
血液が毛根にある毛乳頭や毛母細胞に酸素と栄養をとどけるため、皮膚が突っ張って硬いと血液循環を妨げてしまいます。
毛根の開閉さえうまくできなくなり、育毛剤をつけても浸透していきません。
薄毛、抜け毛の進行も、頭皮の硬さが目安になるといわれています。
そのため頭皮に触った時に皮膚が薄くて頭蓋骨を触っているような感覚、手で簡単につまめない状態は危険です。

そこで頭皮を効果的に柔らかくするマッサージ方法には次のようなものがあります。
頭全体を叩いて刺激頭全体を指の腹で、リズミカルにやさしく刺激します。
皮膚を傷つけないように爪を注意して、ポンポンと軽い刺激が血液の循環を改善してくれます。

  頭のマッサージ  

指の腹で前頭部、側頭部、後頭部それぞれから頭頂部に向かって皮膚を上にあげるように押していきます。
頭頂部は硬くなりやすい部分でもあるため、重力に反してもちあげる刺激で皮膚を柔らかくすることができます。
このマッサージの際こめかみの上部と後頭部の盆の窪から指2本分左右に移動した風池というツボを刺激すると、血液循環が促進されて効果的です。

首周りを揉んで柔らかくする頭部へ流れる血液の通る首周りも大切な部分です。
頭皮の硬い人は、首、肩が凝り固まっている場合がほとんどです。
以上頭や首、肩のマッサージを習慣化すると、必ず柔らかくすることができます。
一日5分程度でかまわないので継続が柔らかくして薄毛、抜け毛を改善します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です