持ち込み可、庶民的な温泉宿を利用する旅行

基本的に温泉旅館は、アルコール類やおつまみなどの持ち込みは不可です。

不可と明記されていなくても明らかなマナー違反です。これらを持ち込まれてしまうと、宿が提供するサービスに限度が出てしまいますので、宿側としては損失が出てしまいます。しかし、高級な宿であればあるほど、アルコール類は高くなりますし、おつまみも高額です。そこでこっそり持ち込む宿泊客もいます。

しかし、決まりで駄目な事をするのは気分的に良くありませんし、場合によっては持ち込み料を請求されても文句は言えません。そこで、旅行の計画をするさいに始めから持ち込み可の温泉旅館などを探すという方法があります。最近は、格安で温泉を楽しめる温泉旅館が増えています。食事はバイキング形式でレストランで戴きます。勿論、レストランへの飲食物の持ち込みは禁止されています。

しかし、部屋にも冷蔵庫や場合によっては冷凍庫も完備されていて、飲み物やつまみを持ち込んでもOKなケースもあります。心配な方は事前に宿に確認すると良いでしょう。この手の温泉宿はもとは高級なお宿だった事が多く、広い客室も完備されています。友達同士での旅行の宿泊先にも好まれます。

夕食後も、ビールなどを戴きながら語り合うケースも多いでしょう。よって、ディスカウントストアーなおでお値打ちなアルコール類やつまみを買ってきて、夕食後などに飲み会をするというような使い方も良いでしょう。定年後の高齢者の旅行は、一般の観光客の少ない時期に行くことができます。この手のお値打ちなお宿は、高齢者向けのお値打ちプランやサービスを用意している場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *