旅行を充実させる3つのポイント

国内旅行をする場合、どうしたらそのたびは充実するでしょうか。

旅を楽しむ場面は3つあるといわれています。一つが計画を立てる段階、もう一つが旅行中、最後が家に帰った後です。まず、計画を立てる段階から旅は始まっていると解釈すれば、時刻表や地図、インターネットの旅の予約のページを開いて計画を立てている段階ですでに旅に出ているのと同じです。計画を立てる場合には大雑把に立てる人もいれば、綿密に立てる人がいます。前者が展開型と呼ばれている人で、後者は目標型と呼ばれている人ます。

どちらが充実したたびになるかはその人のタイプによって変わってきますので、自分のタイプがどちらか、あるいは同伴者のタイプがどちらなのかで計画の立て方を決めるべきです。では、旅行中はどのようなことに気を付けてると充実した旅になるでしょうか。旅行中に関しては事故のないように無理しないことです。旅の途中では必ず予期せぬ出来事が起こります。

たとえば、突然大雨が降ったり、電車が遅れたり、高速道路が大渋滞したりと、よく言えばさまざまなイベントがあなたを迎えてくれている状態ですが、悪く言えば順調にいっていないということです。それをいかに無理をしないようにするかが充実したたびにするために大事なことです。最後に家に帰ってきたときにも旅は続きます。

旅の途中で撮ったデジカメやビデオを見直したり、人に渡すお土産を小分けにすることも旅の一部です。そして家のソファーに座りながら「やっぱり家が一番だ」と感じることができたならば、その旅は充実をしていたということです。なぜなら、旅に出ることは普段の生活のありがたさを見直すよい機会だからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *