首都圏発のスノボーツアーの主な行き先

スノボーツアーは首都圏を中心にして流行っているものです。

地方ではあまり人の集まりもよくないので、スノボーツアー自体を見かけることがないでしょう。東京付近なら、冬になれば毎日かなりの本数が朝方出発しています。主な行き先は、バスで二時間か三時間程度で行ける大型のスキー場になっています。これらは日帰りのスノボーツアーということで、一日しか休みが取れなかったとしても参加が可能です。スケジュールの厳しい社会人にはまさにうってつけのプランです。

北なら蔵王や苗場、西なら白馬や志賀高原が人気です。最も近いところであれば、群馬県水上や川場あたりが時間もかからないので便利です。バスは乗り心地がいいので、二時間か三時間程度であればしんどくなることもありません。寝ていれば勝手に到着しているので、大半のエネルギーをスキー場にて使い果たしてしまっても平気です。帰りも交通事故に遭う可能性がほとんどなく、明日に疲れを残す心配もほぼゼロです。

仕事をしながら趣味にスキーやスノボーをするというライフスタイルが可能になったのも、こうしたツアーが多数販売されているおかげでしょう。価格はだいたいが5000円前後と非常にリーズナブルです。休日の過ごし方としても格安の部類に入りますから、週末ごとに参加するということも可能になります。もちろん、連休があるなら新幹線や飛行機に乗って、もっと遠くまで足を運んでみてもいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *