尾瀬を日帰りで楽しむ時のポイントとは?

尾瀬は東京からであれば日帰りができる場所です。

これはアクセス環境が良いなどの理由からもその日の内に帰宅ができるもので、交通機関を使う時には最短で到着できるものを選ぶことがポイントと言えましょう。最短で到着できる方法には上越新幹線を使うのがお勧めです。上越新幹線で上毛高原まで行き、ここから定期バスに乗車して戸倉まで行きます。戸倉は富士見下・鳩待峠・大清水の登山口への分岐点で、ここから鳩待峠に行くためにはシャトルバスに乗り換えが必要ですが、大清水は定期バスが乗り入れしているので乗り換えが不要などの違いがあります。

鳩待峠は日帰りで尾瀬を楽しむハイカーがとても多い登山口でもあり、交通規制によりシャトルバス運行が行われています。ちなみに、尾瀬の自然は人間により壊されてしまう、これを防止して次の世代に繋げるための規制の一つが交通規制でもあり、シャトルバスを利用してのハイキングになることを把握しておきましょう。尚、尾瀬で日帰りのハイキングの場合、登山口の選び方次第で、途中で引き返さなければならない、せっかくの尾瀬を十分に楽しめないなどもゼロではありません。

日帰りの最大のポイントは登山口になるべく早く到着する方法を考えることであり、お勧めとなるのは前夜初の夜行バスを利用する方法です。夜行バスを使うと鳩待峠や大清水には早朝5時頃には到着できるので1日の行程に掛ける時間を多く取ることができます。これにより尾瀬を満喫して日帰りハイキングができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *