大清水からの尾瀬沼・大江湿原への日帰りコース

尾瀬のハイキングと言うと、湿原地帯や沼地帯の散策に人気が集まっており、入山口には鳩待峠や大清水などからのアクセスが一般的です。

これらの入山口からのアクセスの場合は日帰りで楽しめるなどからも、週末の1日で自然の中でのハイキングを楽しみたい人からの注目を集めています。尾瀬の北側には沼山峠と呼ぶ場所がありますが、沼山峠からの尾瀬沼へのアクセスも日帰りで楽しむ事が出来るお勧めのコースです。沼山峠へのアクセスは、燧ケ岳への登山口でも知られている、御池バス停からシャトルバスを使って行く事ができるようになっています。

御池峠は百名山にも指定が行われている燧ケ岳へのアプローチに便利は登山口で、往復約6時間30分で日帰り登山を楽しむ事も出来ます。但し、燧ケ岳の標高自体はそれほど高いものではありませんが、コースの難易度は比較的高めである事、登りに約4時間が掛かるなどからも、ある程度山歩きに慣れている人にお勧めのコースと言えましょう。数ある登山口の中でも大清水はマイカーで行くことができる魅力もあります。

大清水からの日帰りコースは尾瀬沼一周や大江湿原での散策などです。日帰りの場合には時間的な制約がある関係上、それほど多くの場所に行くことはできませんが、大江湿原は訪れる人が比較的少ないなど、ゆっくりと湿原歩きを楽しみたい人にお勧めです。尚、大清水は他の登山口と異なり乗り換えなしでバスで訪れることもできる魅力も持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *