尾瀬を日帰りで楽しむ方法

国立公園の特別保護地域と特別天然記念物に指定されている尾瀬は、日帰りで訪れる人も多いハイキングや登山に人気のスポットです。

「夏の思い出」という曲の歌詞にも登場する美しいミズバショウの花が咲いている風景が有名ですが、それ以外にも湿原ならではのミズゴケをはじめとした植物や、黄色い花が特徴的なニッコウキスゲが群生する場所でもあります。現地は歩道以外の場所に立ち入ることは厳しく制限されていて、尾瀬に日帰りでハイキングに訪れたら、湿原に通っている木道を歩いて進むことになります。

人気のある観光地であるため、ベストシーズンの日中は混雑することもありますが、制限されている場所に足を踏み入れることはできません。東京方面からそんな尾瀬に日帰り旅行に行くなら、各社が提供しているバスツアーが便利です。東京方面から利用されることの多い便利な入山口には鳩待峠がありますが、この入り口はマイカーで行くことはできません。自家用車が入ることは制限されているので、途中で観光バスに乗り換えて行く必要があります。

しかし最初からバスで出発する尾瀬の日帰りツアーなら、乗り換えたりする必要が無いため、居眠りしていても連れて行ってもらうことができることになります。日中の混雑する時間帯を避けるために、日の出とともにハイキングを始めるようなスケジュールを利用する時にも楽でしょう。深夜に各地を発車する尾瀬の日帰りツアーは、時間を有効に使ってたっぷり現地ですごすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *