日帰りのスノボー旅行では滞在時間を確認

まとまった休みの確保が難しいので、日帰りのスノボー旅行を計画しているという方も多くいるでしょう。

そのような場合であれば、どのような点に注目したらいいのでしょうか。例えばポイントの1つとして、滞在時間があげられます。日帰りということになると、出発地と目的地によっては滞在時間が90分ほどになってしまうかもしれません。もちろん90分でも本人が十分だと感じれば何の問題もありません。大切なのは自分が満足できるかどうかなので、その点を踏まえたうえでスノボー旅行について考えていきましょう。

実際に日帰りのプランを選ぶといっても、さまざまな選択肢が存在しています。多くの日帰りプランの場合には、朝の7時前後に集合して数時間かけてゲレンデまで移動します。午前と午後で1~2時間ほど滑ったら、再び集合して出発地と同じ場所まで移動します。具体的な滞在時間や集合時間などのスケジュールは、選択するスノボー旅行のプランに応じて異なります。

そのためプランの条件を確認したうえで、自分に合った内容のものを選ぶことが大切です。また滞在時間について考えるとき、1つ忘れてはいけない点が存在しています。それが滞在時間=遊べる時間ではないという点です。滞在時間には現地についてからウェアに着替えたり準備や片付けをする時間も含まれています。不慣れな方だと、準備や片付けだけで1時間ほどかかってしまうこともあるでしょう。その分滞在時間から遊べる時間が減ってしまうので、その点を理解したうえで計画を立てることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *